2006年7月 9日 (日)

名前通り。重いよ(/□≦、)

昨夜、深夜の3時頃に特捜隊ダイバスターを見て、
さぁて寝ようかという流れでいたら、
いきなり
「重い扉」
という番組が始まりました。

始まりからものものしい雰囲気を漂わすこの番組は、
ダイバスターで出来上がったほのぼのした空気を一瞬にして壊すことなど造作も無く、
私は寝るどころではなくなってしまいました。

その番組は、「名張毒ぶどう酒事件」というものをピックアップしたものでした。

最高裁で死刑判決が出た事件を再審し、
無罪に覆った事件は過去4件
そして、この「名張毒ぶどう酒事件」が5件目になりそうな有力な事件らしいです。

無罪に覆った事件は、当然簡単な審査で通るわけ無いので、
4件全てが逮捕から30年以上経ってからのもので、
この名張に至っては逮捕から47年経っていて、容疑者は80歳以上でした。

事件は、ぶどう酒に毒をいれ、村の女性が数人殺されたもので、
この容疑者が逮捕された理由は、自白でした。

記者会見でも申し訳ないことをしたと言っていたのですが、
突然無罪を主張し始め、
一審では無罪、二審、最高では死刑という判決でした。

そして、このテレビはこの容疑者が冤罪だということを前提に作られていたもので、
犯人がこの容疑者である証拠が無いということを主張していました。

50年前の警察の捜査なんか所詮知れていますし、
どっちにしても決め手が少ないのは当然だと思います。

でも、この容疑者が冤罪で逮捕されているとは私は思えないんですよね。

昨日の、容疑者を味方したテレビからの情報でもそう思います。

容疑者は、最初警察にそう言えと強要されたと言っていますが、
自分の妻と愛人が殺されて、
穏やかに記者会見で謝るということは普通しますかね?


いくら警察に脅されても、
自分の妻が殺されて、そんなことが出来るとは思えません。

犯人である証拠がないと主張されてますが、
犯人で無い証拠は何一つ無いんですよ。


守る会の人はそのあたりどう考えているのでしょうかね

弱い人を守ったほうが美しいということになっているのがこの世の常識ですが、

私はそう思いません。

死刑になる証拠は乏しいですが、
無罪になる証拠はもっと乏しいですし。


それなのに、ここまで偏った意見をテレビで主張するのはどうかと思います。


ダイバスターでほのぼのしてた俺の空気をぶち壊しにしてまでねφ(`д´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

頼むから

漫画本から映画やドラマを作るのはやめてくれ。。

俺は心から漫画本を愛していて、
面白い漫画本からつまらないものまで、世の中にある物全てを読みたいとさえ思っています。

ブックオフや漫画喫茶で、いろいろ読むし、
特に毎週読んでない雑誌でも、時間があるときは全部の話を立ち読みしたりします。

そんな漫画好きな私ですから、
漫画本が原作のドラマなのに、ドラマしか見たことがないという人が出来るのが我慢できないのです。

はっきりいって、漫画本からドラマや映画を作って、
漫画本よりいいものが出来るはずがありません。

それは、ドラマや映画が劣っているという意味ではなくです。

たとえば、
前、あだち充のH2をドラマでやっていましたが、
H2のように42冊出てるものをそのまま映像に落としたとしたら、
100時間以上かかるのは間違いありません。

それを12時間くらいにするためには、
やはり大幅な省略は免れず、
当然中身はスカスカです。


H2のドラマで最悪だったのは、
・かっこいいはずの人がかっこよくない。
・野球が超超超超うまいはずの人のフォームが明らかに素人
など、いろいろありますが、一番は、
あだち充のちょっとした小技的表現をそのまま使っていたということです。


漫画には無い、ドラマの良い所を出そうとするならまだしも、
あだち充の良い所をそのまま使うということは、
漫画本のいいシーン。面白いシーンをかすめるのみならず、
その前後もそのままのスパンでフルでドラマに再現するため、
そこでかかった時間が他のシーンをよりスカスカにする結果になるからです。

ドラマならタダだから、暇なときに軽く見ましたが、
映画なんかは絶対に見に行きません。


だって、内容知ってるんだもん。


映画は「次どうなるんだろう、最後はどうなるんだろう。」

ということを楽しむはずなのに、
漫画本を映画に落としたらこうなりました

という結果を見せられるだけで、
さらにはただの金儲けに協力することになるからです。


漫画から落としたのでなくても、私は久しく映画館に映画を見に行っていません。

最近は、CMやなにかの番組で、内容言いすぎです。。。。。

俺は、全く知らない状態で見たいです。

ハイジャックされる映画だったら、ハイジャックされることすら、隠しておいて欲しい。


タイトルだけで内容を想像して見に行くことが出来ないのがくやしくて、最近は興味が薄れてきました。

昔はあんまり宣伝とか見なかったんですが、
最近はなんか見てしまって、どうしても内容が少しでも入ってしまいます。

その結果見に行かなくなります。


話が戻りますが、
そんな、少しでもわかると見る気がなくなる私が、
漫画から落とした映画やドラマを見たいと思うわけがありません。


このままでは、私の愛している漫画がどんどんドラマなんかにされて、
漫画も見ないで、ドラマだけで、
「この程度か」
くらいに思われるかもしれなくて、悔しいです。


私はコンビニで働いているので、映画のチケットも売っているのですが、

「これ見たいよね~」
と漫画を知っている人が、見たいと言っているシーンをよく見ます。


・・・何が見たいの?
内容知ってるでしょ?
たぶん映画独自のシーンとかは全く無いよ?


さらに書くと、
漫画のいいところは、
すごい人がいれば、その世界にその人は確かに存在しているということです。

その結果、
「こいつすげー」
とか思うわけです。

映画の、知っている俳優がそれを演じていても、
「こいつすげー」
とはなりません。


映画でも、
確かに入り込めることは出来ますが、
それが出来る人は漫画本の方がもっと入り込めます。


これは価値観の違いだとは思いません。
気付いているか、気付いていないか、
だけの違いだと思います。


というわけで、今日も愚痴を言いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

アホラシイ番組

王様のブランチ終わってからそのままのチャンネルにしてたら
俺の大嫌いな細木カズコが出てきた・・・

なんか高校生100人集めてこのババアがなんか語る番組みたいです

ヤンキーの高校生
「親父とは男同士だからケンカあるけど、女には絶対手ださねぇよ」

って発言の後

ロンゲの編みこみしてるおどおどしてる人が上田の質問に対して
「俺は母親に暴力ってかおっつけたことがあります・・・」

んで、一通り質問が終わった後、さっきのヤンキーが・・・
「おめぇ女に手だしたのかよ
てめぇ女に手出すくらいなら俺とタイマンはるかコラ
だいたいその髪型なんだよコラ
てめぇそれでも日本人かコラ」

って言って、前の上田とか有田の方見てから向かっていきました・・・

≧(´▽`)≦アハハハハハハハハハ

日本人の髪型はリーゼントでしたか≧(´▽`)≦
なんで親に手出したら君とタイマンなの≧(´▽`)≦
てか最初からやる気ないくせに向かっていく君が一番中途半端≧(´▽`)≦
上田とかの質問終わるまで待ってから向かっていくなよ≧(´▽`)≦

いやー笑った

他にも学歴が必要か必要じゃないかとかゆー質問で
渋谷に多数生息してるような男が、

「夢は社長
学歴は必要ないと思うよ
だってホームレスとか暴走族から社長なった人いるし」

ぜっっっっったい無理!!!!

あったま悪いとこ丸出しだもん

たまに雑誌とかに載ってるそーゆー人達を見てそー考えるとこが頭悪いね

ホームレスとか暴走族とかからなった人は
別にホームレスだったからなれたわけでも暴走族だからなれたわけでもないっつの

その人の経歴が社長にしたってより
その人がすごいからなっただけでしょ

それで、
「あっ俺今ホームレスよりましだから
俺も簡単になれるじゃん」

って考えるとこがうける

そもそもこの番組俺初めて見たけど

なんでみんなこのババアをそんなにもてはやすかな

この番組占いしてねーじゃん

占いならまだしも、なんで人生についてこのババアにこんな言わせてるの

このババアがもっともらしく言ってるけど世の中全部知ってるとは思えないし

このババア好きって言ってるやつ一人も見たことないッス

| | コメント (0) | トラックバック (0)